・『小指を打つ感じ』

『足の小指を打つ感じ』

  Web版/ブログ版



田中 竜治(たなか りゅうじ)29歳の朝は、災難から始まる。

まず起きる為にセットしたはずのスマホのアラームが鳴らない。

出勤予定時間は、もう15分も過ぎている。



〈さあ、どうする竜治。どうなる竜治。〉←ちょっと茶々を入れてみる



慌てて起きると、ベッドの台座に右足の小指をぶつける。

地味に痛いうえに誰にも怒れない例のヤツだ。

痛がりながらも立ち上がると、パジャマのズボンを脱ぎ始める。

が、バランスを崩し盛大に尻もちをつく。

あちらこちら痛いけれど時間は待ってくれない。

どうにか上着も脱ぎ、クローゼットへ急ぐ。

“バンッ”。一瞬何が起きたのか竜治にはわからない。

右手を見下ろすと、ドアノブがそこにある。



「うそ~ぉ。」おもわず大声が出る。



クローゼットのノブ、このタイミングで取れるかぁ~?

と内心ぼやきながら、あたふたとノブを元に戻そうと試みるが、

そう簡単に直るはずもなく、ガチャガチャと空しい音を立てる。



「ええ~いっ!!」竜治は強引な手段に出る。



ノブが付いていた穴に指を入れて前後左右に揺すってみる。

“カチャッ”。おおぉ~っ、なんと開いたではないか!! と、喜んだのも束の間。

“ドササササーッ”。頭の上から降ってきたのは紙袋の束と丸められた洋服たち。

とっさに両手で目を守る。と、足元の紙袋たちを這いつくばって掻き分け、

やっとの思いでワイシャツ・ネクタイ・ベルト・スーツの上下を取り出す。

ワイシャツを着てボタンをとめると、ズボンを慎重に履きベルトを締める。



すると靴下を持ってくるのを忘れていた事に気付く。

再びクローゼットに戻り衣装ケースの中の靴下を取り出そうとして、

ふと手を止める。

まさかケースの取っ手が取れて、靴下が出せないんじゃないだろうな。

と思いながら、ゆっくりと前に引き出してみる。なんともなかった。

良かった~っと思いつつ、一足取って束を広げてみると、まさかの柄違い。

そんなのが、2,3回続く。

今日はもうこれでいいかぁ~、と諦めかけたその時、



「おお~っ!!」奇跡的にお揃いが見付かる。



人間は学習する生き物だ。

もうコケるのは嫌だ、と靴下一足を大事そうに持ってベッドまで行き、

腰掛けてから慎重に履く。

たぶん、こんなに慎重に靴下を履くのは、今この世で竜治だけだろう。



靴下を無事に履き、ネクタイを握りしめながら、今度は洗面台に移動する。

歯ブラシと歯磨き粉を手に取る。



「やっぱり・・・。」



溜め息をつきながら、歯磨き粉が残り少ない事にがっかりする。

けれど、嘆いていても仕方がないので、

歯磨き粉のおしりの方を持ってぎゅ~っと絞り出す。

“ブヒッ”。と音を立てて、どうにか1回分が歯ブラシの上に乗る。

ガシガシ歯を磨き、口をすすぐ。

その流れで顔を洗うと髭を剃り、いつもの位置にあるタオルが無い事に気付く。

仕方が無い、と洗濯機の縁に掛けてあった、昨日のバスタオルに手を伸ばす。



「くっ、くさい。」せっかく顔を洗ったのに、そのタオルは匂っていた。



どうしよう、もう一度洗うか?と思ったが、もうどうでもよくなる。

鏡に向かいながら寝癖を軽くムースで直すと、嫌な気分のまま、

持ってきていたネクタイに取り掛かる。

こちらも一発では決まらず、2,3回グリグリして、やっと決まる。

トイレで用をすませると、洗面所を後にする。



リビングを通り抜けて、キッチンを目指す。

少しお腹がすいていたので、冷蔵庫を開けると飲むゼリーを取り出す。

リビングに戻り、チューチューやりながら、テレビをつける。

これで日曜日ならいいオチなのに、と思いながら、

聞き慣れた月曜日のコメンテーターの声に失望する。

で。テレビの時刻にビックリする。



「ああ。完全に遅刻だぁ。」



今日会社行くのやめちゃおうかなぁ、とも思ったけれど、

根は真面目な性格の竜治。それも出来ない。

テレビを消し戸締まりをして、出掛ける用意をする。



荒れ果てた寝室に別れをつげ、腕時計をして上着を身に付け、

スマホを手に取ると胸ポケットにいれる。

忘れ物は無いか、家の中を一瞥すると、鞄を手に家を出る。

駅まで5分。猛ダッシュで駆け抜ける。

相変わらずの出勤ラッシュの満員電車にウンザリしながら、会社のある駅で降りる。

40分くらいの遅刻ですみそうだ。と、竜治は先を急ぐ。

すると、“ポタン”。と変な音が右の耳元で聞こえる。何事だろうと肩口を見ると、



「ゲッ!?」なんと鳩のフン。「今日は一体なんて日なんだ。」



とブツブツ呟きながら、カバンの中にティシューがあるか探すも見付からず、

唯一あったハンカチで肩口をゴシゴシする。そうしてどうにか痕跡を消す。

が、手元のそれがお気に入りのハンカチだった事にショックを受ける。

もう走る気力も無くなり、トボトボと会社に到着。予想通り40分の遅刻。

そこだけは当たっていた。なんて、喜びも無いけどね・・・。



ちなみに竜治は、自社ビルの7階でシステムエンジニアをしている。

なので、セキュリティーチェックの為、社員証がいる。

そう。もうお分かりだろう。それが無いのであった。

よって、受付カウンターで上司を呼び出し、やっと中に入れた。



遅刻したうえに社員証を忘れた竜治は、上司にこっぴどく怒られ・・・

るならば良いのだが、この上司が異常なまでに優しい人で。



そっと微笑むと「行きましょう。」と一言。

頼むから怒ってくれえぇ~、いっそ怒られた方がいい~、

と心から願う竜治であった。・・・そんなこんなで帰宅時間。



会社内での仕事は特に大きなトラブルも無く、よって割愛させて頂く。

しいて言うならば、ランチの時に食べたナポリタンでワイシャツにシミを付けた事。

と、後輩にブルース・リーが敵を呼ぶような仕草で呼ばれた時イラッとした事くらい。

朝方のワチャワチャに比べれば、そんなもの屁でもない。



このまま帰宅するのもなぁ~と、重い足取りで会社を後にする。

どこかで飲んで帰るか?と思った竜治に、1件のラインが。

≪今、何処に居るの?≫

恋人の 田中 美佐(たなか みさ)26歳からだった。

同じ名字なのは偶然で、夫婦な訳ではない。

竜治は足を止め、歩道の端っこへ行くと、ラインを返す。

≪今、会社出たとこ≫ すると間髪入れず、

≪私も、今会社帰り≫ と返事が来る。ちなみに、美佐の仕事は証券会社の受付嬢。



実は、この彼女と1ヶ月程前に喧嘩をしていた。

理由は些細な事、でもないか。

なんとなく結婚を先延ばしにしていた竜治に、美佐がキレたのだった。

しかし、ゴメンの一言もなくラインを入れてくるなんて、と少し不快感をおぼえる。

≪今から会えない?≫ と美佐。

今日一日でとんでもなく疲れていた竜治は、会うことを承諾する。

気分を少しでも変えたかったのだ。

行き付けのレストランで、落ち合う約束をする。

その道中で、美佐が明日誕生日だった事を思い出す。

婚約指輪というのも頭に浮かんだけれど、今じゃないなと思い、

無難にネックレスあたりだなと、百貨店に向かう。



付き合ってもう5年になるのか。

と、ちょっとだけ美佐にすまない気持ちになる。

女性が好みそうなオーソドックスな1つを選ぶと、待ち合わせのレストランに到着する。

店内を見渡すと美佐はまだ来ていないようだ。

顔馴染みのワエイターに窓際のテーブルに案内されて座ると、美佐を待った。



程なく美佐が店内に現れる。

1ヶ月ぶりに見た美佐は、なんとなく綺麗で、一瞬ドキッとする。

そういえば今日は朝からついていなかった。

もしかして、と竜治は少しビビる。

前に座った美佐が、心持ち緊張している様に見えて、

ひょっとして別れ話でも切り出されるのでは、と感じたからだった。

精一杯普通を装いつつ、オーダーを聞きに来たウエイターに、

竜治はビールを、美佐はウーロン茶。それと3品の料理を頼んだ。



「元気だった?」美佐がゆっくりと口を開く。

「うん。美佐は?」ぎこちない会話が続く。

「あのね。急でごめんなさい。」

「どうした?」

「私ね・・・。」

竜治の心臓が高鳴りながら、次の一言を待つ。

「私ね。赤ちゃんが出来たの。」



え~っ!? 竜治の頭の中が、一時真っ白になる。

そしてくす玉がパッカ~ンと割れた様なイメージが浮かんだ。



「ほ、本当に?」竜治は嬉しい気持ちを素直に言葉に込めて聞いた。

「うん。」と、照れ臭そうに頷く美佐を。

ここが公共の場でなかったら、思わず抱きしめてしまいそうなくらい愛しいと感じた。



「結婚しよう。」竜治は自然とそう告げていた。



そうして指輪の代わりにネックレスを贈ると、改めて美佐にプロポーズをした。

今日1日の不運など全て吹き飛ばす程の、最高のオチだった。

それから2人は楽しく食事をし、今後のスケジュールを話し合った。



ただ、竜治の脳裏に。今朝グチャグチャにして出て来た部屋の中を、

数時間後に美佐から、猛烈に叱られている自分の姿が浮かんでいたのであった。







 a2pro